ホーム
Sponserd by↑転職したい人向け、ベンチャー企業の採用動画があります

【ReactNative】ExpoCLI+TypeScriptの導入・初期設定をしてみた

早速ですが、コマンドいきましょう。

$ npm install -g expo-cli
$ expo init my_native_app

色々選択肢が出てきますが、

blank (TypeScript) same as blank but with TypeScript configuration

これを選択。

テンプレなしのまっさらかつTypeScriptが入った状態。

型定義はあとで学習する。

通常ここでexpo startすればコンパイルされてシミュレーターに初期表示がされるはずであるが、

自分は、ターミナルなどにエラーはでないものの、コンパイルされなかった。

シミュレータの文字が小さかったが、よく字を読むと、

There was a problem loading the requested app.

The experience you requested requires a newer version of the Expo Client app.

と書いてあった。

自分は10ヶ月くらい前に一度ReactNativeで遊んでいたので、10ヶ月ぶりにバージョンをアップさせたのだが、

expo --version

を叩いても、latestで間違いがない。

iOSシミュレータ内で以前インストールしたExpoのバージョンが古すぎてエラーになっていた

なるほど・・・。

なので、シミュレーター上で、通常のiPhoneの操作通りにExpoアプリを削除して、再び

expo start -i

でiOSシミュレーターを再起動すると、初期表示が完了された!

久々にやるとテンパるけど、次はナビゲーショオン周りを思い出しながら実装していきます。

https://poppotennis.com/posts/react_native_navigation/