ホーム
Sponserd by↑転職したい人向け、ベンチャー企業の採用動画があります

【Laravel環境構築】composerをインストールする方法

パソコンに composer をインストールする方法についての記事です。

⇨ Laravel とは?

⇨ Laravel 記事の目次はこちら

目次

  1. 環境
  2. 一番簡単なインストール方法
  3. 公式サイトに書かれている手順

環境

MacOS

使うケース

Mac であればめちゃくちゃ簡単にインストールすることができます。

brew install composer

以上です。

インストールできたかの確認は、

composer

というコマンドで、

コンポーザー確認画像

この表示が出れば OK です。

他の環境の場合、公式のダウンロード方法を参考にしながら進めます。

php がパソコンにインストールされている前提です。

https://getcomposer.org/download/

まず、これからやることを順序で説明していきます。

①Composer を今ターミナルを打つディレクトリにダウンロードする

② ダウンロードした Composer を/usr/local/bin に移動させる

この二つの手順をすれば使えます。

ターミナルの操作方法については省きますが、分かりやすいように Desktop にディレクトリ(フォルダ)を作成して、その場所で作業して貰えば間違い無いと思います。

Mac だと下のコマンド打てば作業場が出来上がります。

cd ~/Desktop
mkdir test-dir
cd test-dir

次に

https://getcomposer.org/download/

の一番上の4行の php コマンドをまるっとコピーしてきてください。

(このコピーするコマンドがちょくちょく変わってるはずなので、リンク先に飛んで、コピーしてみてください)

そして、4行一気にターミナルにはっつけて、実行してみてください。

うまくいくと、現在のディレクトリの中に、composer.phar というディレクトリができているはずです。

これを/usr/local/bin に移動させれば環境となります。

sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer

これで OK です。

composer

コマンドを打って、

コンポーザー確認画像

が表示されれば OK です。

まとめ

うまくいったでしょうか?

基本的に brew でインストールすれば一瞬で完了するのですが、EC2 などで環境構築するときなどたまーに下のやり方も使う可能性があるので、ぜひご活用いただければと思います。

それでは。