ホーム

ベンチャーのオフィス動画などが
見れる転職サイトはこちら

シンプルにLaravel8をインストールする方法

いつもご利用ありがとうございます。このブログは、広告費によって運営されています。

⇨ Laravel 記事の目次はこちら

Docker や Sail などを使わずに、シンプルに Laravel8 をインストールします。人生で初めてサーバー側のフレームワークを触る人、Docker を知らない人にはこれがオススメだと思います。

目次

  1. 結論
  2. エラーがでる人は

結論

今は超簡単です。最新の Laravel を入れれば良いので特にパッケージの指定はいりません。

(2021/9/11 現在)

コマンド

composer create-project laravel/laravel example-app

cd example-app

php artisan serve

エラーがでる人は

composer という PHP のパッケージを入れるやつが入っていない可能性があります。

記事のとおり進めると composer をインストールできるのでチェックしてみてください。

【Laravel 環境構築】composer をインストールする方法

関連記事

⇨Laravel8 の認証を Jetstream で実装する方法

まとめ

以上です。

今まで Laravel6 を使っていたので、これから Laravel 8との違いなど確認していければと思います!

感想や意見ありましたら Twitter の DM などからご連絡いただければと思います!

それでは!

人気記事

PHP7.4 + Laravel6 のプロジェクトを AWS EC2 にデプロイする

【laravel-breadcrumbs】Laravel でパンくずリストを実装する