ホーム
Sponserd by↑転職したい人向け、ベンチャー企業の採用動画があります

Laravel+Vue+S3で画像の保存をする方法

⇨ Laravel 記事の目次はこちら

Laravel + Vue の環境で S3 に画像を保存するだけに特化した記事を書いていきます。

Laravel のオススメの本 ⇨「動かして学ぶ!Laravel 開発入門」

目次

  1. S3 とは?
  2. 環境
  3. コマンド
  4. Vue 側の表示を作る
  5. AWS の設定をする
  6. Laravel のコードを作成る

S3 とは

シンプル・ストレージ・サービスです。

AWS のストレージサービスのことです。

ファイルを保存するのに特化したもので、基本的にファイルはここに放り込んでおけば良いという認識です。

環境

Laravel 6 Vue 2

コマンド

composer require league/flysystem-aws-s3-v3 "~1.0"

このコマンドでパッケージが入ります。

パッケージの依存関係でエラーが出たら、

composer update

しましょう。

Vue 側の表示を作る

<template>
    <div>
    // 画像が入ったら関数が発動して、imageに画像データが入る
        <input
            type="file"
            accept="image/jpeg, image/png"
            @change="onChangeImage"
        />
        <button @click="postImage">送信</button>
    </div>
</template>

<script>
export default {
    data() {
        return {
            image: {}
        };
    },
    methods: {
      //画像データが入る
        onChangeImage: function(e) {
            this.image = e.target.files[0];
        },
      //Laravelにpostする
        postImage: function() {
          // 画像を送信する旨のheaders情報
            const config = {
                header: {
                    "Content-Type": "multipart/form-data"
                }
            };
            //画像を送信する時は、FormDataを使う。
            var formData = new FormData();
            //appendの第一引数がkey、第二引数がデータ
            formData.append("image", this.image);

            axios.post("/post/s3/image", formData, config).then(res => {
                  console.log(res);
              });
        }
    }
};
</script>

画像を送信する最低限の記述をしました。

他にテキストなどを送信した時は、同じように append してあげれば良いです。

AWS の設定をする

①S3 の作成

管理画面に入って、S3 を選びます。

「バケットを作成」

⇨ バケット名「laravel-test-s3」

⇨ リージョン「東京リージョン」

他は初期値のまま、バケットを作成を押す。

②IAM の作成

「ユーザーを追加」

⇨ ユーザー名「laravel-test-s3」

⇨ アクセスの種類「プログラムによるアクセス」

⇨ アクセス許可の設定

⇨ 既存のポリシーを選択

⇨(S3 で検索)AmazonS3FullAccess

IAMの管理画面

⇨ あとはデフォルトのままユーザー作成

⇨ csv でアクセスキー ID、シークレットアクセスキーをダウンロードする

Laravel のコードを作成

①.env ファイルの修正

Laravel プロジェクト作成時状態だと、env ファイルの 36 行目付近にこれから記述する項目があります。

AWS_ACCESS_KEY_ID=さきほどダウンロードしたアクセスキーID
AWS_SECRET_ACCESS_KEY=さきほどダウンロードしたCSVのシークレットアクセスキー
AWS_DEFAULT_REGION=ap-northeast-1
AWS_BUCKET=laravel-test-s3

REGION は東京リージョンにしてれば、上の通りで OK です。

バケット名は、この記事と違うバケット名にしていれば修正してください。

コマンドで env の反映させます。

php artisan config:cache

②Controller の修正

PostImageController.php というのを作成して、記述しています。

<?php
namespace App\Http\Controllers;
use Illuminate\Http\Request;

use Storage;

class PostImageController extends Controller
{
    public function s3(Request $request)
    {
      //見やすいので事前に定義しておく
        $disk = Storage::disk('s3');
      //postされてきた画像
        $image = $request->image;
      //putFileというのは、画像を保存して、その保存したパス(バケット以下を返してくれる関数、第一引数ディレクトリ名、第二引数画像データ、第3引数公開・非公開)
        $path = $disk->putFile('images', $image,'public');

        //$pathには保存してあるパスが返っていることがわかる
        //なのでデータベースに$pathを保存することで呼び出せるようになる
        return response()->json(['response'=>$path],200);
    }
}

以上で画像の保存ができました。

管理画面から確認してみてください。

また、$path には保存したパスが入るので、それをデータベースのカラムなどに保存してみてください

まとめ

いかがだったでしょうか?

Vue から Laravel に対して画像を送信して S3 に保存する流れは以上となります。

オススメの Vue の本

人気記事

PHP7.4 + Laravel6 のプロジェクトを AWS EC2 にデプロイする

その他の S3 記事

【Laravel + S3】保存時にユーザー定義の metadata を保存する方法