Laravel

初学者向け。Laravelの学習でオススメの本を紹介します。

いつもご利用ありがとうございます。このブログは、広告費によって運営されています。

オススメ本
Web技術を勉強するなら、かなりオススメの雑誌です。毎月新しい発見があります。
読んで損することはない名著。命名で悩むことが多い人はこの本がオススメです。

Laravel の学習を始めたばかりの人向けに、Laravel の学習でオススメの本をご紹介します。

⇨ Laravel 記事の目次はこちら

Laravel の本を選ぶコツ

Laravel の本を選ぶコツは、次の点です。

  1. 初心者向けに分かりやすさ重視で書かれている
  2. ハンズオン形式で、本の通りやれば何かが完成する
  3. 手を動かして学べる

Laravel の学習方法はまず暗記すること

Laravel は、PHP の「フレームワーク」です。

フレームワークは、ある程度「型」が決まっていて、その「型」にしたがってコードを書きます。

つまり、「ひな型」に沿ってコードを書く方法を「覚える」ことで Laravel を学ぶことができます。

暗記だけで、良いコードが書けるようになるわけではありませんが、一番最初は覚えるだけで良いのです。

Laravel の学習でオススメの本

動かして学ぶ! Laravel 開発入門

この本は、非常にオススメです。

【本書の概要】 デジタルハリウッド・ジーズアカデミーなどでLaravel講座をもつ著者が、多くの受講生の声を反映して執筆したLaravelの入門書です。 サンプル作りを通して、LaravelによるWebアプリの設計・作成の基本、ルーティング、リエクスト処理、ビュー、認証、ページネーション、モデルのリレーション、ファイルアップロードの基本などを一通り学ぶことができます。

この本を実際に手を動かして進めることで、Laravel を「覚える」ことができます。

AWS の Cloud9 というサービスを使っていて、

  • 環境構築のハードルを下げている

ことが非常に魅力的な本です。

基本的な Laravel の利用方法を習得することができます。

この本を選んでおけば、まず間違いないといった内容になっています。

PHP フレームワーク Laravel 入門&実践開発

■人気No. 1 PHPフレームワークのロングセラー定番解説書が、新バージョン対応で改訂!■PHPでWebアプリケーションを開発するフレームワークには種々ありますが、圧倒的人気ナンバーワンはLaravel(ララベル)! 本書は、2017年9月の刊行以来大好評を博している『PHPフレームワークLaravel入門』を、2019年9月リリースのバージョン6に対応して全面的に見直した改訂版です!

アプリケーション開発には、基本のMVC以外の機能実装が非常に重要になります。本書は、既刊『PHPフレームワーク Laravel入門』を読み終わった方に向けて、もっと知りたいという要望の高かったMVC以外の機能実装の手法を解説します。コア機能の詳細から、サービス、DBクラスとEloquent、ジョブ管理、フロントエンド(Vue.js、React、Angular)との連携、ユニットテスト、Artisanコマンドまで詳細にわかります。Laravel5.8.9準拠。

この本もオススメです。

入門編から実践編の2冊が繋がっていて、より深くまで機能を学ぶことができます。

ジョブ管理やユニットテストなど、実際のサービス開発では必須の内容となっており、それが体系的に学べるためオススメです。

プロフェッショナル Web プログラミング Laravel〈最新 Laravel 9 対応〉

Laravel 9の最新環境でWebアプリケーションを構築!PHPでWebアプリケーションを構築する際、第一候補として挙がるのがLaravelでしょう。本書は、最新バージョンであるLaravel 9に対応した、プロを目指す方のためのLaravel入門書です。

この本がオススメの点は、

  1. Docker を覚えられる
  2. Laravel Sail での環境構築を行える
  3. TailwindCSS など流行りの技術を使っている
  4. 基本機能が体系的に学べる

ということです。

環境構築の難易度が少し高いところが欠点ではありますが、逆に、そこを乗り越えられれば、より実践に近い環境で学習することができます。

Docker を使ってみたい初学者の方にはオススメの本です。

本を使った学習でやらない方が良いこと

同じ本を繰り返してやる

同じ本を繰り返してやるのは非常に時間的にコスパが悪いです。

「一度やって覚えてないから2回やる」という方がほとんどだと思いますが、結局2回やっても覚えられません。

それよりも、

  • その本のどこら辺をみたらその機能が作れるか

そこだけをなんとなく覚えておいて、他のアプリケーションを作成中に戻ってこれるようにしておけば十分です。

途中で戻る

これは、前の内容と被りますが

3章をやっていて、1章の内容を忘れたと言って1章に戻ることはやらない方が良いです。

1つの本が終わったら、別の本をやる

基本的に書籍での勉強は1冊だけにしましょう。

内容が重複してしまうので、同じことを2回やっても時間的にコスパが悪いです。

本が終わったらやるべきこと

1冊の本が終わったら、自分だけのアプリケーションを作ってみましょう。

これをポートフォリオとして、気合を入れて作るので全然構いません。

僕は Laravel を学習して転職する人をサポートする副業をしてますが、

Laravel を使ってポートフォリオを作って未経験転職をした方は全員、

  • なんらかの体系的な学習をした後、すぐにポートフォリオ制作を始めています

「じゃあ、こういうアプリケーションが作れそうだな」と、何か自分で創作して、Laravel を使ったアプリケーションを作るのが最も良いです。

最初はかなり時間がかかると思いますが、より実践向きですし、結局この部分は本では身につきません。

まとめ

以上です。

参考になったら幸いです。

記事の感想や苦情は Twitter の DM などからご連絡ください。