Laravel

Laravelでforeachを使って一覧を作成する方法

いつもご利用ありがとうございます。このブログは、広告費によって運営されています。

⇨ Laravel 記事の目次はこちら

Laravel で foreach を使って一覧を作成する方法について書いています。

環境

php artisan
Laravel Framework 8.83.4

結論から

***.blade.php ファイルで

<div>
    <ol>
        @foreach($users as $user)
        <li>{{ $user->name }}</li>
        @endforeach
    </ol>
</div>

このように書けば、

@foreach と@endforeach の間にある

<li>{{ $user->name }}</li>

のところが$users の数だけ生成されます。

ピンと来ない人は以下の記事も読んでみてください。

好きな情報を users の数だけ表示できる

最初にあげた例は、li タグでユーザーの名前をリスト化しただけの情報になりましたが、例えば、

<div>
    @foreach($users as $user)
      <div>
          <p>ユーザーの名前は、{{ $user->name }}さんです</p>
          <p>IDは、{{ $user->id }}さんです</p>
          <img src="{{ $user->logo_url }}">
      </div>
    @endforeach
</div>

このように好きな情報を載せて、必要なところを変数の情報を表示させることができます。

@foreach から@endforeach の間を users の数だけ表示してくれるというルールさえ分かっていれば、かなり自由にコードを書くことが可能です。

もちろんタグにクラスをつけて、CSS を当てることも可能です。

まとめ

以上です。誰かの参考になれば幸いです。

感想・苦情は TwitterDM にご連絡ください。

それでは!

人気記事

PHP7.4 + Laravel6 のプロジェクトを AWS EC2 にデプロイする

【初心者向け】Laravel で投稿機能を作る方法(掲示板的なやつ)