ホーム

転職ドラフト(次回10/20)

Laravelの学習方法でオススメの流れ

いつもご利用ありがとうございます。このブログは、広告費によって運営されています。

⇨ Laravel 記事の目次はこちら

Laravel の学習方法でオススメの流れについてまとめました。

学習する上で、必要になってくる名称(その名称で検索するとより理解が深まる)などの紹介もあるので、プログラミング学習を全くしたことがない人にも読める内容で書いてみます。

目次

  1. 自己紹介
  2. Laravel とは?
  3. 教材は何を使うべきか?
  4. 学ぶべきポイント
  5. Web で何を作りたいのか?
  6. 作り始めて分からなくなったら?

自己紹介

普段 Laravel + Vue で Web サービスを作っているエンジニア歴1年半。

フロント、バックエンド、AWS をはじめとしたインフラ設定まで広く浅く触っています。

また、Laravel を使ったポートフォリオ制作に関するメンターもしていて、よく聞かれる内容について記事にしたりしています。

⇨ Laravel に関する記事一覧

Laravel とは?

Laravel は、PHP というプログラミング言語のフレームワークです。

フレームワークといっても聞きなれないかもしれませんが、「ひな型」のことだと思って大丈夫です。

みなさんも例えば大学でレポートを書いたと思いますが、何から書いて良いか分からなくなると思います。

それが、大体の枠組みが決まっていて、「フレームに沿って作っていけば形になる」というのが今回で指すところのフレームワークとなります。

⇨Laravel についてはこちらの記事で深掘りしています

教材は何を使うべきか?

対象は、ガチ初心者をイメージして書いていきます。

僕が教材としてオススメするのは、動画教材です。

動画教材は本では学べない、人の操作を見ることができるのでオススメだと思います。

プログラミングを学ぶ最初の難易度が下がると思います。

一つの教材で 2000 円〜3000 円ほどで、体系的に一連の動作を学ぶことができます。

オススメのサービス名は、Udemy とか Techpit というサービスで、有名なので聞いたことがあるのではないでしょうか?

その中でもどの教材を選ぶべきか?

動画教材といっても結構多くの教材があります。

僕がオススメするのは、体系的に学びながらも、時間的に「数時間で終わるもの」をオススメします。

なぜなら、動画が長ければ長いほど、間延びするし、時間もかかるからです。

僕がオススメする学習方法は、「短期で一気にガーッと」です。

具体的な動画はどれがよいか?

僕がオススメする Laravel の動画教材は Udemy のこれです。

Udemy の動画

この動画の教材の特徴は

○ 最新バージョンの Laravel を使っている(情報が新しい)

○ 環境構築が比較的優しい(基本的に環境構築が一番難しいが、簡単な方法をとっている)

○Laravel の基本的な動作を学べる

というところです。

教材というのは、入り口なので、もっとも敷居が低いものでスタートすべきだという考えでこちらの教材を選んでいます。

(Udemy はセールがあるので、セールの時に買うと10倍くらい値段が違います)

学ぶべきポイント

僕としては、

自分の画面で実際に手を動かして教材とともにやってみる

のをオススメします。

動画で学ぶべきポイントについては、

環境構築を学ぶ

環境構築は最初の一度だけすれば良いものですが、自分のパソコン環境によって、めちゃくちゃハマる項目でもあります。

しかし、一度辛いところを抜ければ楽なので、一度目は頑張って乗り越えてください。

⇨ シンプルに Laravel 8をインストールする方法

⇨Laravel のバージョンを確認する方法

認証関係(ログイン・登録)を学ぶ

Laravel はコマンド一発で認証(ログイン・ユーザー登録)を実装することができます。

一番最初の学習では、コマンドで認証ができれば問題ありません。

⇨Laravel6 Auth のメールアドレスの認証を実装してみる(VerifyEmail)

⇨Laravel のログイン後のリダイレクト先を変更する方法

CRUD を学ぶ

CRUD というのは、Create、Read、Update、Delete の頭文字を合わせたものです。

つまり、データの保存とか削除とかを覚えましょうっていうことです。

⇨【初心者向け】Laravel で投稿機能を作る方法(掲示板的なやつ)

データベースの作り方を学ぶ

Laravel ではマイグレーションというファイルでデータベースを作成することができます。

その機能を使ってデータベースを作成できれば OK です。

⇨Laravel でデータベースを作成する方法(マイグレーション)

リレーションを学ぶ

リレーションというのは、データを紐づけることを言います。

例えば、1 人のユーザーが複数の投稿ができるとします。

そのとき、投稿に毎回ユーザーのデータをテキストで入力するのではなく、投稿にユーザーの ID だけを保存して、その ID を元にユーザーの情報を別のところから取り出すようなことをリレーションといいます。

⇨Laravel で1対1のリレーションをする方法。【hasOne】

⇨Laravel で1対多のリレーションをして保存、表示する方法【hasMany】

全部覚えるのは不可能なので、動画のどこら辺で説明しているのかを把握しながら、動画と同じように手を動かして学びましょう

Web で何を作りたいのか?

ここまで学ぶと、実はほとんどのサービスを作ることが可能になります。

ほぼ全てのサービスは、データベースにデータを保存する、データベースからデータを取り出して表示する、それだけで構成されているといっても過言ではありません。

そこで、

どんな Web サービスを作ってみたいですか?

という問いをここでしてみます。

確かに最初では難しいこともあるとは思いますが、一旦置いておいて、「何を作ってみたいか?」ということを考えてみてください。

ハマったゲームの情報サイトでもいいし、飼っているグッピーに特化した SNS でも良いと思います。

僕は今、ベランダ菜園にハマっています。ベランダ菜園サービスでも良いと思います。

とにかく、

自分が欲しいと思ったものを作ってみようとすることが大切

です。自分が欲しいと思ったものを作ってみようとすることが大切です(2度目)

自分が欲しいと思ったものを作ろうとした時につけたい機能を実装する

のが大事です。

決められた教材のとおりのものを作るのではあまり身に付きません(体系的に最初に学ぶ分には良い)

自分が欲しい機能をつけようと試行錯誤することで、実力が身についてきます。

大変だとは思いますが、頑張っていきましょう。

作り始めて分からなくなったら?

まず検索しましょう。検索する内容は、

例えば、

「Laravel したいこと」

「Laravel エラー文」

だいたいこんな感じでざっくり調べます。記事を5個くらい眺めて自分に合ったものをチャレンジしてみます。

⇨Laravel でデバッグする方法

質問サイトで質問する

分からないものは分からないので、聞いてみましょう

Teratail というプログラミングに関する無料の質問サイトがあります。

そこで質問してみましょう。

質問するコツは、

① 実現したいこと(エラーが起きた概要)

② 現状の画面

③ エラー文

④ 関係する現在のコード

は必須で、他追記したい内容を書けば良いと思います。質問者に対して厳しいアンサーを飛ばしてくる人もいますが、気にせず投稿しましょう!

ツイッターで嘆いてみる

意外と良い意見をもらえます。

分からないことは恥ずかしいことではないので、ガンガン嘆いてみましょう。

ちなみに、やればやるほど分からないことが増えていきます!仕方ないです!

メンターを募集する

メンタというサービスがあります。

プログラミングを教える人と、教わりたい人のマッチングプラットフォームです。

決して安くないですが、ポートフォリオを作るくらいであれば期間限定で1ヶ月〜2ヶ月と期間を決めて利用するのはありよりのありだと思います。

「3万円とかする高い人」や「長く教わるを勧める人にはついていかないように気をつけましょう」

また、人気のメンターはすごそうな感じがしますが、最初の面談だけその人がして実際教えてくれる人は「その人から教わった素人」である可能性が高いので、あんまりオススメしません(笑)

まとめ

以上です。

参考になったら Twitter でぜひシェアしてください!

記事の感想や苦情は Twitter の DM などからご連絡ください。