Laravel

Laravelでリンクを張る方法

いつもご利用ありがとうございます。このブログは、広告費によって運営されています。

⇨ Laravel 記事の目次はこちら

Laravel でリンクを張る方法についてまとめました。

前提

URL 直打ちすれば、すでにページが表示される状態であること。

ページのルーティングの書き方は、以下の記事を参照してみてください。

Laravel8 のルーティングの基本的な書き方

【初心者向け】Laravel のルーティングには name を指定したい

結論

<a href="{{ route('next.index') }}">次ページへ</a>

解説

通常の a タグだと

<a href="/next"></a>

と書くところの href を、

href="{{ route('next.index') }}"

このように、

{{ }}

で Laravel の関数を使えるようにしつつ、

route('next.index')

でルーティングで用意した name を使います。

ルーティング(Laravel8 の書き方)

Route::get('next',[App\Http\Controllers\NextController::class,'index'])->name('next.index');
name('next.index')

ここで指定した name が、

route('next.index')

として使えます。

Laravel6 のルーティングの書き方はこちらの記事で。

まとめ

以上、Laravel でリンクの張り方について書きました。

色々なやり方がありますが、この route を使ったやり方を個人的には推奨しているので、このやり方だけ書きました。

誰かの参考になればと思います。

感想・苦情は TwitterDM にご連絡ください。

それでは!

人気記事

PHP7.4 + Laravel6 のプロジェクトを AWS EC2 にデプロイする

【初心者向け】Laravel で投稿機能を作る方法(掲示板的なやつ)