ホーム
Sponserd by↑転職したい人向け、ベンチャー企業の採用動画があります

複数のmiddlewareを指定したルーティングの書き方

以前書いた記事に捕捉して、ルーティングで複数の middleware を group する方法について書いていきます。

⇨ 以前書いた、Laravel のルーティングの基本的な書き方

⇨ 以前書いた、認証したユーザーだけ使えるルーティングの書き方

⇨Laravel のドキュメント

目次

  1. 環境
  2. 使うケース
  3. ルーティングで複数の middleware を group する書き方
  4. 解説

環境

Laravel6

使うケース

ログイン認証+ α の人だけが、該当するルーティングを使用できるようにしたいというパターンということがあります。

ど定番なところで言えば、「ログイン認証」+「メール認証済み」のユーザーみたいなパターンがあります。

ルーティングで複数の middleware を group する書き方

web.php

Route::group(['middleware' => ['auth','verified']], function () {
  //この中に以前の記事で書いたルーティングのコードを書いていく
  //例えば
  Route::get('/user', 'UserController@index');
  Route::get('/user/{id}', 'UserController@show');
});

解説

auth と verified という2つの middleware を同時に指定する書き方をしてみました。

//before
['middleware' => 'auth']
//after
['middleware' => ['auth','verified']]

ただ単に右側を配列にしただけなので、一旦覚えてどこかにメモすれば問題ないと思います笑

まとめ

この記事では、過去記事を補足するため

複数の middlware をルーティングで指定する方法について書きました。

わかりにくい部分や、誤字、変なことを言ってるなどという点については、Twitter の DM で教えていただければと思います。

それでは。