Laravel

LaravelでorWhereを使ってOR検索をする方法

いつもご利用ありがとうございます。このブログは、広告費によって運営されています。

⇨ Laravel 記事の目次はこちら

Laravel で orWhere を使って OR 検索をする方法についてまとめました。

さいしょに

Laravel では、orWhere を使うことによって、

OR 検索

と呼ばれる、〇〇または、〇〇のデータを取得するといった検索が可能です。

例えば、「ID が1」または、「ID が10」のユーザーを取得するような、

どちらかの条件が満たされているデータを取得することができます。

結論

コントローラー

$users = User::where('id',1)
    ->orWhere('id',10)
    ->get();

このように where と orwhere をつなげることによって、

「ID が1」または、「ID が10」のユーザーを取得することができます。

これを出力すると、2人のユーザーを取得できると思います。

これを応用すると、カテゴリー1または、カテゴリー2を取得のような検索を実現することが可能です。

まとめ

以上、Laravel の OR 検索を実装する方法についてやってみました。

誰かの参考になればと思います。

感想・苦情は TwitterDM にご連絡ください。

それでは!

関連記事

Laravel で where 複数で AND 検索をする方法

Laravel で複雑な条件検索、A and (B or C)を取得する方法

人気記事

PHP7.4 + Laravel6 のプロジェクトを AWS EC2 にデプロイする

【laravel-breadcrumbs】Laravel でパンくずリストを実装する