ホーム

ベンチャーのオフィス動画などが
見れる転職サイトはこちら

Laravelで昨日のデータだけ取得する方法

いつもご利用ありがとうございます。このブログは、広告費によって運営されています。

⇨ Laravel 記事の目次はこちら

Laravel で昨日のデータを取得する方法について書いていきます。

目次

  1. 実装

実装

WhereDate という年月日を指定(2021−08−09 みたいな型で)すれば実装できます。

PostController

//Carbonを使用する
use Carbon\Carbon;
//使うモデルをuse
use App\Models\User;

class HomeController extends Controller
{
  public function index()
  {
    //昨日をCarbonで適したフォーマットで出力
    $yesterday = Carbon::now()->subDay()->format('Y-m-d');
    //whereDateを使う
    $users = User::whereDate('created_at',$yesterday)->get();
    dd($users);
  }
}

まとめ

以上のとおりですが、日付だけ変えれば同じように日付を指定したデータを取得することが可能です。

人気記事

PHP7.4 + Laravel6 のプロジェクトを AWS EC2 にデプロイする