Laravel

LaravelUIが入っているはずなのに登録・ログインページが見つからないときの解決方法

いつもご利用ありがとうございます。このブログは、広告費によって運営されています。

Web技術を勉強するなら、かなりオススメの雑誌です。毎月新しい発見があります。

⇨ Laravel 記事の目次はこちら

LaravelUI が入っているはずなのに、

登録・ログインページを表示しようとしたら404(見つからない)になる

ときの解決方法について記事にしました。

解決方法

routes/web.php に

Auth::routes();

の記述を追記する。

環境

Laravel6

少し詳しく解説

現在使えるルーティングを確認する方法

ページが404で表示されない原因は、多くの場合ルーティングに書かれていないためです。

今の状態で使えるルーティングを確認するためには、

コマンドで

php artisan route:list

と打ちます。

このコマンドを打つと、ルーティングの一覧が表示され、使えるルーティングや紐づくコントローラーを確認することができます。

  • もし、登録ページやログインページが表示されない場合
  • このコマンドを打って「/register」「/login」ページが一覧に含まれているか確認しましょう

ルーティングに登録・ログイン関係のものを追加する

ルーティングの一覧を確認した結果、「ルーティングがなかった」場合、

routes/web.php に

Auth::routes();

を追記します。

この追記した後に、再び

php artisan route:list

のコマンドを打ったら、登録・ログイン関係のルーティングが追記されていることが確認できます。

まとめ

以上です。

誰かの参考になればと思います。

感想・苦情は TwitterDM にご連絡ください。

それでは!

人気記事

PHP7.4 + Laravel6 のプロジェクトを AWS EC2 にデプロイする

【laravel-breadcrumbs】Laravel でパンくずリストを実装する