Laravel

LightHouseのAccessibilityで[user-scalable="no"]に関するエラーが出たときの対処方法

いつもご利用ありがとうございます。このブログは、広告費によって運営されています。

⇨ Laravel 記事の目次はこちら

LightHouse の Accessibility で[user-scalable=“no”]に関するエラーが出たときの対処方法についてまとめました

以下エラー文

[user-scalable="no"]
 is used in the <meta name="viewport">
 element or the [maximum-scale]
 attribute is less than 5.

原因

<meta
  name="viewport"
  content="width=device-width, initial-scale=1"
  user-scalable="no"
/>

meta の viewport に、user-scalable=“no”を指定していた

解決方法

user-scalable=“no”を外す

<meta
  name="viewport"
  content="width=device-width, initial-scale=1"
  user-scalable="no"
/>

Web技術を勉強するなら、かなりオススメの雑誌です。毎月新しい発見があります。

user-scalable=“no” とは?

スマートフォンで、ズームする機能を無効化する設定のようです。

普通の Web サイトであれば無効化する必要がないので、特段つける必要のない属性みたいです。

使うケースとしては、ゲームのようなケースみたいです。

くわしくはこちら

まとめ

以上です。

誰かの参考になればと思います。

感想・苦情は TwitterDM にご連絡ください。

それでは!

人気記事

PHP7.4 + Laravel6 のプロジェクトを AWS EC2 にデプロイする

【laravel-breadcrumbs】Laravel でパンくずリストを実装する