ホーム
Sponserd by↑転職したい人向け、ベンチャー企業の採用動画があります

【転職】ベンチャー企業、スタートアップ企業に特化した採用動画メディアがあるらしい

転職をするのは誰でも不安があります。

ましてや、大手企業からの転職するとしたらめちゃくちゃ不安だと思います。

大手にいれば何もしなくても(語弊)、ある程度の生活は約束されているような感じですからね。

ベンチャー企業やスタートアップ企業に転職する上での不安

ベンチャー企業やスタートアップ企業に転職することを志す人は、たいてい自分のやりたいことなどが見えたことにより転職すると思います。

その中で、自分のやりたいことと、会社の風土であったり方針であったり社員であったりがマッチしていない可能性があります。

求人のサイトを見ても、会社の集合写真に当たり障りのない本文であまりよく伝わってこないため、入社してから分かることがたくさんあります。

そんなミスマッチが一番の不安要素となっていると思います。

ベンチャー企業やスタートアップ企業に特化した、採用動画メディア「moovy」

https://moovy.jp/

そんな転職でのミスマッチを減らすべく、採用動画メディア moovy というサービスが 2020 年 7 月にリリースされています。

image35

moovy の何が良いのか 採用に特化した動画サービスであること

転職希望者にとっては、いろんな会社を知るきっかきになると思います。

Youtube や Tiktok といった動画サービスでは、それに特化しているわけではないので、あまり検索性が良いとは言えません。

社員インタビューやオフィスの風景が中心である

今、社員インタビュー動画を作成する企業が非常に増えています。

例えば、LINE やサイバーエージェントのような誰でも聞いたことがあるようなメガベンチャーでも、採用を目的としたインタビュー動画が撮られています。

会社の風土や働く人の人柄が垣間見える

テキストより、圧倒的に会社の風土や働いている人の人柄が伝わってきます。

出演者は一部とはいえ、代表が話していたり、代表のことをいじっていたり、なんとなく会社のことが見えてきます。

簡単に動画が見られる

動画を見るためには簡単な会員登録が必要となりますが、SNS ログインなどを利用すれば一瞬で動画が見られます。

採用系のプラットフォームでは、結構登録がめんどくさかったりするのですが、コンテンツを見る分にはすぐに利用できます。

気になる企業をフォローしておいたり、動画のいいね機能でクリップしたり、SNS と同じような使い方ができます。

実際に企業の採用担当に対してアクションが送れる

レジュメをしっかり入力すれば、企業に対して、「話を聞きたい」ボタンからアクションを送信することが可能です。

興味を持ってくれた企業から、プラットフォーム上で返信がくればメッセージ交換ののち面談することが可能なようです。

お気に入りの動画3選を紹介します

① ハルメク・ベンチャーズ株式会社

ヘルスケアの事業領域でこれまで手掛けた新規事業は 11 つ/【採用動画】

https://moovy.jp/job/73

代表の成功と失敗の話をカジュアルに見ることができます。

失敗をどのように取り扱うのかは必見です。

代表の人柄が見えてきます。

② テックタッチ株式会社

テックタッチコレクション 2020  〜Vol.1〜

https://moovy.jp/job/306

アド街ック天国のような動画で、なんとなく会社のノリが伝わってきます。

③ 株式会社カラダノート

カラダノートの公平で明確な人事評価制度について/【採用動画】

https://moovy.jp/job/322

採用制度について30秒の動画で話してくれています。

個人的にはサッカーボールクッションがシュールで面白いです。

コーポレートサイトもイケてる

https://moovy.co.jp/

ローディング画面が、独自の世界観ですごくイケていますね。

検証でよく見ると、CSS のアニメーションで実装されてるみたいですね。

まだまだ何かやってくれそうな期待感が持てます。

企業からすると、成功報酬や初期費用なしで月5万円で掲載できるのは嬉しいですね。

キャンペーンで、採用動画10本まで無料の制作もあるようです。

まとめ

採用動画は間違いなくあったほうが良いと思いました。

会社の雰囲気は、テキストより動画の方が伝わりやすいと思いました。

オフィスツアーだけじゃなく、実際に人が働いている風景が見れたら超嬉しいかもですね。

以上、採用動画メディア moovy の紹介記事でした。ぜひご覧ください~。