Vue

Vue.js 3 入門決定版!jQuery を使わないウェブ開発」はオススメか?【Udemyの感想】

いつもご利用ありがとうございます。このブログは、広告費によって運営されています。

⇨ Vue 記事の目次はこちら

Udemy の動画講座である「Vue.js 3 入門決定版!jQuery を使わないウェブ開発 - 導入からアプリケーション開発まで体系的に動画で学ぶ」を実際にやった感想を書いています

3.jpg”}});

はじめに

自分はこの講座を 2 年半前に購入し、実際にやっています。

「2年半前かよ!?」と思う方もいるかもしれませんが、今 Udemy の教材を見直したところ、アップデートされており、現時点の最新である Vue3 に作り直されていて、

これは、オススメできると思って書いています。

Vue はオススメです

このブログに辿り着く人の7割くらいは、初学者でポートフォリオ制作の参考にしている人です。

バックエンド+ Vue でポートフォリオを作ると、

「採用されやすいか?」と言えば、内容の方が大事なので特別 Vue を使っていたから受かると言うことはないと思います。

しかし、受けられる企業の分母が増えると思います。

サーバー側で採用するか、フロント側で採用するか、その両方で立候補することができるようになります。それによって採用してもらえるようになるかもしれません。

Vue を覚えれば、早く実装することができるようになる

Vue は表示の切り替えが、とても簡単になります。

例えば、「クリックしたら、表示を消す」ような機能です。

JavaScript では、「ボタンと表示に id を与えて・・・」などと多かった記述が、Vue では v-if で指定したデータの true、false を切り替えるだけで表示非表示を実装することができます。

最初は学ぶのは難しいですが、覚えてしまうとかなり早く実装することが可能になります。

どの層にオススメの教材か?

僕がこの教材をオススメするとしたら

  1. プロゲートが終わった人
  2. HTML + CSS + JavaScript で何かを作った人
  3. JavaScript を触ったことがない人
  4. Vue を触ったことがない人

こういった層の人になると思います。

逆に必要がない層は

  1. Vue の他の教材を学んでいる人
  2. 既にコードを書く仕事をしていてドキュメントを読める人

には必要がないと思います。

プロゲートが終わった人にオススメ

プロゲートは、ブラウザ上で JavaScript の書き方を学ぶことができるようになる反面、

実際に自分の PC でコードエディターを使って、コードを書くことは学ぶことができません。

この教材では、VS Code という鉄板のコードエディターを使って、実際にコードを書いていきます。

そして教材を進めれば、体系的に書き方を学んでいけるのでオススメです。

短時間で Vue の流れが分かる

この講座は、表記的には 13.5時間の講座となっています。

しかし、実際は旧バージョンの講座も付録でついており、

実質約半分の時間で講座を視聴することができます

Javascript 何ができるのか想像持つかない人にオススメ

講座の内容自体は、基礎的なことをやっていて、かなり網羅されていると思います。

つまり、「Vue って何ができるの?」「JavaScript ってどんな感じなの?」こういったのが分かるようになります。

プロゲートでなんとなく問題を解いているうちは想像もつかなかった、「実際にコードを書いて実装されていく」感じがこのコースで体験することができます。

JavaScript の大半は表示の切り替え

JavaScript が担当することの大半は、ブラウザ上で「○○ をしたときに」「○○ の動作をさせる」という指示を書くことです。

例えば、「クリックした時に」「表示を赤くする」

のような感じです。

そういった動作を、「Vue ではこうやって書くことができる」ということが分かります。

API でデータを取得することも学べる

Vue ではデータを取得してそのデータを表示するというのが基礎となってきます。

この講座でも、その流れを学ぶことができるようになります。

この教材でできるようにならないこと

この教材は基礎的なことを学ぶのにはとても向いていますが、その反面

  1. Vue-Router
  2. Vuex
  3. ログイン機能

ができるようにはなりません。

Vue-Router はシングルページアプリケーション。

Vuex はグローバルなデータ保持。

の機能のことです。

しかしながらこれを教材で学ぶ必要があるかと言えばないので、後で検索してそれらの機能を実装した記事をみながら学べば良いと思います。

この教材が終わった後にやるべきこと

この教材が終わったら、実際に何か作り始めましょう。

教材を複数やっても、コスパが悪いです。

実際に作り始めることがオススメです。

作り始めると、また分からないことが出てきたり、具体的な実装方法を覚えていくことができます。

複数教材をなんとなく時間をかけて進めていくことは本当にやってはいけないことだと思います。

3.jpg”}});

まとめ

以上です。

Udemy の動画教材の感想を書いてみました!!!

誰かの参考になればと思います。

感想・苦情は TwitterDM にご連絡ください。

それでは!

人気記事

PHP7.4 + Laravel6 のプロジェクトを AWS EC2 にデプロイする

【laravel-breadcrumbs】Laravel でパンくずリストを実装する