Wordpress

ワードプレスサイトが遅いとき、実はレンタルサーバー自体が遅い説あります

いつもご利用ありがとうございます。このブログは、広告費によって運営されています。

ワードプレスサイトが遅いとき、実はレンタルサーバー自体が遅い説あります。

某Sサーバーがクソ遅くてイライラしたので別サーバーにした結果、快適になったので記事にしています。

具体的にどこサーバーが早いのか?

自分の経験上、この2つであれば。

もちろんプラグインや画像の量(ファイルの大きさ)が増えれば、遅くなってしまうので、サイトを作る人の力量に左右されるのは間違いありません。

ConoHa WING

散々いろんなサイトで評判が書かれていると思いますが、普通のレンタルサーバーと同じ値段で、早いです。

ほんと某サーバーから乗り換えられるなら、

または、これからサーバーを契約する予定ならここにすべきだと思います。

エックスサーバー

鉄板のレンタルサーバーです。

無難に早いです。

なぜ早くする必要があるのか?

ユーザーの離脱を防ぐ

こちらのサイトによれば、

  • ページの表示速度が遅いと、ユーザーは待ちきれずに離脱してしまいます。これは大きな機会損失だといえます。

Google は、以下の図のように、読み込み時間が長ければ長いほど離脱率が上昇することを報告しています。読み込み時間が 1 ~ 3 秒の場合、離脱率は 32%、1 ~ 5 秒の場合は 90%、1 ~ 6 秒の場合は 106%、1 ~ 10 秒の場合は 123%上昇することが報告されています。(引用)

つまり、遅いと離脱されてしまいます。

離脱されるということは、検索ワードに対して解決しないページという風にグーグルに認識されてしまうため、検索順位をあげるのに不利になってしまいます。

そのため、表示速度は早くする必要があります。

Google がページの表示速度が検索ランキングに影響すると言っている

昨今、Google は検索アルゴリズムにおいて、

コアウェブバイタルやユーザビリティを検索結果に影響を与えるアップデートをたびたび実施しています。

Google 検索セントラル

まとめ

今のサーバーが遅くて不満な方は、一度ぜひ試して欲しいと思います。

関連記事

ワードプレスの本番環境から開発環境を整える方法